FC2ブログ

制服姿の緊縛好きによる、あくまで趣味的(実践無し)な嗜好の画像サイト。

01 | 2020/02 | 03
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

bakunin

Author:bakunin
緊縛画像収集家のバクニン
です。
特に制服物・猿轡が好み。

制服緊縛ISM Bside
B面 エロ動画サイト Pornhubの管理人アカウント
タグで記事検索

月別アーカイブ
リンク元ランキング
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
9位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
監禁紳士の美しき獲物たちシリーズ
捕獲された二人の女。着衣のまま囚われ慰み物にされる。アキバコム/シリーズ10作販売中。
妹18歳-ブルマ少女 兄の性欲処理道具シリーズ
ブルマ姿に首輪。兄の欲望に飼育される妹達。アキバコム/シリーズ6作販売中。
スク水奴隷の物語シリーズ
濃紺の生地を締め上げる縄。スク水のまま欲望に汚されていく女達。アキバコム/シリーズ4作販売中。
2次元緊縛殿堂入りPart.3(No.101~150)
Category: 殿堂入り(拍手ランキング)   Tags: 緊縛  拘束  2次元  企画   5 Comments   0 Trackbacks  
2次元の中にはイマジネーションがある。

それは現実とは一味違う、欲望の具現化された世界。

絡め取られた2次元の女性達が、今回どれだけ閲覧者というご主人様の心を射とめたか?

最激戦となった今戦、あまりにも大多数の拍手を頂きましたので、今回は5位までチョイスしました。

では殿堂入り2次元緊縛編・・・・発表です。




まずは5位

2ZI-5

2012年5月22日アップ

獲得拍手数 198

「玩具を仕込まれ拘束放置されているJK」

潤んだ瞳、股間に潜む玩具、そして快感に支配された下半身。

女性らしい丸いお尻と乳房のラインが美しい。

拘束された不自由さと玩具の痺れで、体が熱をおびている様が艶のある一品。




次は第4位

2ZI-4

2013年1月20日アップ

獲得拍手数 200

「調教トレーニングを受ける新体操の少女」

コスにあったポーズでの縛り。拘束感は薄いけれど、股縄の責めは秀逸。

恥しい仕打ちに羞恥する表情が、何よりこの画の一番のポイントですな。




いよいよベスト3の第3位

2ZI-3

2013年8月17日アップ。

獲得拍手数 204

「囚われのくのいち」

コスと体のバランスが良い。肌蹴た片乳と、肉感的な体をピッチリ包む着衣。

こちらも拘束感は薄いですが、シュチュエーションの後押しで拘束感を加算しています。

抵抗の出来ない姿で、追いつめられた表情が嗜虐性をくすぐります。




次はベスト3の第2位

2ZI-2

2013年2月14日アップ

獲得拍手数 297

「股縄責めを受ける競泳水着の娘」

5~3位に共通する羞恥とは違う「屈辱」の表情。

体のラインがクッキリした水着で、大事な所を縄で弄ばれる屈辱。

しっかり縛られた後ろ手の姿が、されるがままの悔しさを醸し出している一枚。




では・・・激戦を制した栄えある第1位は・・・

2ZI-1

2012年5月8日アップ

獲得拍手数 340と2位に大差をつけての堂々トップ。

「体育倉庫で縛られて放置されるJK」

やはり学生服は、汚したい願望に駆られるのか?

椅子に縛り付けられ、胸を晒されスカートを捲くり放置される。

隠したくても隠せない、自分の姿に見られる事に頬を染める。

三つ編みの髪型が無垢さを強調し、清純さがでています。

支配されるJK制服。男の永遠の浪漫かも知れませんねぇ。




5~1位だけで頂いた拍手総数 1239!!

この数字が激戦ぶりと、人気の高さを証明しています。

皆様、今回も多数の拍手をありがとうございます。

一番、この画達に欲情しているのは、誰あろう私管理人で有ります。

従ってこの記事カテゴリーのアップする欲望は絶えないのです。

今後も、更にそそる画をアップ出来る様、ネットの海を泳ぎ続ける事でしょう。

それでは、次回の殿堂入りをご期待ください。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 緊縛・拘束    ジャンル : アダルト

Comments

素晴らしい5作品&三つ網の髪型
暫らくぶりです。

今回は5位までの発表とは、大変うれしい限りです。
拍手総数もさる事ながら、ベスト5にランクインしただけの事はあって、実に素敵な作品ばかりですね。

まず5位になった作品ですが、大人の玩具を仕込まれながら拘束された姿で床に放置されているシチュエーションに加えて、露出された豊満な乳房、そして、純白パンティに覆われた安産型のヒップラインが堪らないです。

次に4位になった作品ですが、新体操のレオタード姿だけでも凄くエロいのに、股縄で責められているシチュエーションと浮かび上がった乳首が妙なエロさに拍車が掛かっていて、見ていてドキドキです。
レオタードといえば、僕が通っていた中学校と高校には新体操部があったお陰で、レオタード姿の女子生徒が拝めて、何度見ても目の保養でした。
ちなみに、女性のレオタード姿を生で初めて見たのは、中学校に入った直後(1988年の4月上旬頃)で、その日の放課後、たまたま体育館の傍を通った時に何となく体育館の中を覗きましたら、すぐ近くで新体操部が練習をしていて、新体操部員だった先輩女子たちのレオタード姿は、体のラインがクッキリとしていて、胸部分の二つの膨らみに加え、レオタードにビッチリと張り付いたヒップライン&ハミ尻のエロさは、当時、中学生になったばかりの僕には良い意味で刺激が強過ぎた為、一目で大興奮してしまったのは、今でも忘れられないです。

3位のイラストですが、くのいちが囚われたシチュエーションもナイスですし、今にも溢れそうな超豊満な乳房、そして、恵まれた安産型の腰付きが魅力的ですね。
それに戦国時代では、捕まったくのいちが一糸まとわぬ全裸姿にされた上、敵側の男たちから陰惨な性的陵辱を受けたり、凄惨な拷問を受けた史実がありますので、果たして、このくのいちがこの後どんな目に合わされるかを想像しただけで、思わずドキドキしてしまいます。

それから2位の作品ですが、かつて大ヒットした「アマガミ」のサブヒロイン(攻略不可能なのが残念です)であり、男勝りだけど面倒見も良い姉御キャラである『塚原 響』(*主人公の少年の一つ上の先輩女子であり、主人公たちが通う高校の女子水泳部のキャプテンでもあります)が競泳水着姿で、両手を後ろ手に縛られながら縄で股間を責められている姿は、とても官能的な上にレア度が非常に高いですね。
しかも、水着姿によって彼女の体のラインがクッキリとするだけでなく、綺麗で美味しそうな尻肉が大きくハミ出ている上に、水着のお尻部分の食い込み具合がヤバ過ぎで、中学時代に何度も目撃した真由美さんと理保子さんのスク水の後姿および、高校時代に何回も見た由香里さんのスク水の後姿を彷彿とする物があって、尚更そそられます。

そして1位の作品ですが、三つ網の髪型とセーラー服の組み合わせが、まさに昭和の清楚な女子学生という感じが凄く良くて、そんな彼女が椅子に縛り付けられながら、巨乳とまではいかないまでも、ボリュームがあって形も良い綺麗な乳房を晒され、更に、スカートを捲られて、一点の汚れもない清らかな純白パンツが丸出しにされるシチュエーションが非常に官能的で、1位になったのも納得です。

三つ網の女子学生と言えば、以前に話しました、前の職場の先輩女性の久美子さん(*昭和43年生まれ、東海地方【愛知県・静岡県・岐阜県・三重県の総称です】の某市の出身)は、公立の中学校も私立I女子高も共に、当時の校則で、女子生徒の髪型はオカッパ頭・二つ結びのお下げ・三つ網の3択から選択だった為、女子中高生時代の久美子さんの髪型は6年間常に、三つ網の黒髪頭だったのですが、私立I女子高を卒業して名古屋の大学に入ってから髪型をロングヘアーに変えたと仰っていました。

これも以前に話しましたが、私立I女子高の生徒だった当時の久美子さんは、陸上部の顧問の中年男性教師によって、ブルマの上から竹刀で思いっきりお尻を叩かれまくって、お尻を腫らす日々でしたが、久美子さんが言うには、それは決して陸上部だけの出来事では無かったとの事でした。

久美子さんの話では、当時の私立I女子高は運動部に力を入れていた所為か、女子高でありながら教員の約8割が男性教師で占められていて、女性教師および体罰を行わなかった男性教師がいずれも文化系のクラブの顧問だった為、当時の私立I女子高の運動部は全て、“怖い男の先生”が顧問(体操部の顧問まで男性教師だったとの事!)だったと言う話でした。
おまけに、いずれの運動部も練習が非常に厳しく、真冬でもジャージの着用は禁止(剣道部と弓道部と柔道部と体操部と水泳部とソフトボール部以外は年中、体操着&ブルマ姿で練習させられていたそうです)で、そして、久美子さんが所属していた陸上部と同様、遅刻や声の大きさやミス等を理由とした体罰が日常的に横行していたそうです。

体罰の内容ですが、久美子さんが記憶している限りでは、強烈なビンタが行われていた運動部も一部ありましたけど、大半の運動部では「竹刀」や「木の棒」とかの棒系の道具による手加減一切なしのお尻叩きの体罰が当たり前でしたが、ソフトボール部は特に悲惨だったと言うのです。
当時の私立I女子高のソフトボール部では、練習中にエラーや送球ミスとかをすると、例外なく、お尻を大きく突き出す体勢にさせられてのケツバットで、それも金属バットでフルスイングだった為、久美子さん曰く、ソフトボール部の年配男性の顧問が全力で振り下ろした金属バットがユニホームのズボンに覆われた女子部員のお尻に命中する度に、「バッシーーーーーーン!!!!!」と鈍い打撃音が大きく鳴り響く光景が日常茶飯事。
それに久美子さん自身、高校2年生の時に一度、運悪くソフトボール部の年配男性顧問が朝の週番だった日に遅刻して、壁に両手をつけて前屈みになって、お尻を大きく突き出す体勢にさせられて、制服スカートの上から「バッシーーーーーーン!!!!!」と金属バットでフルスイングのケツバットを喰らわされ、物凄く痛かった上、お尻に響いた衝撃の大きさに至っては、陸上部の中年男性顧問から日常的に受けていたフルスイングのケツ竹刀よりも格段に上で、後でトイレに行ってお尻を見てみたら、お尻にバットの痕の青アザが見事なまでに出来ていたと言う話でした。
その為、ソフトボール部で横行していた金属バットでフルスイングのケツバットの光景を見る度、部員の女子生徒たちが気の毒に思いつつ、ソフトボール部に入らなくて本当に良かったと安堵せざるを得ず、また、そのソフトボール部の年配男性顧問は、久美子さんとは別の学年の体育を担当していて、体育の授業でも金属バットを所持していて、授業に遅刻や授業中の私語や整列が遅い等、何かと理由をつけては、ブルマ姿の女子生徒たちに金属バットでフルスイングのケツバット体罰を頻繁に行っていて、その都度、鈍い打撃音と大きな悲鳴が響き渡っていた為、あの先生が担当でなくて、本当に良かったと思ってしまったと語っていました。

そのソフトボール部の話も凄かったですが、それとは違った意味で衝撃的だったのがテニス部でした。
久美子さんの話では、当時の私立I女子高のテニス部では、テニスウェアを着用できたのは試合の時のみで、部活動の時は常に体操着&ブルマ姿で練習だったと言うのです。
そのテニス部の顧問は白髪が目立つ爺さんの先生だったのですが、年齢の割りに体が結構ガッシリしていて、ミスやフォームの悪さ等を理由にしょっちゅう、ブルマに包まれた女子部員のお尻を平手で思いっきり「パシーーーーンッ!!!」と引っ叩いていたと言うので、実に驚きでした。
また、そのテニス部の爺さん顧問は古文の担当で、女子高生時代の久美子さん自身、古文の授業で忘れ物をして、黒板に両手をつけてお尻を大きく突き出す体勢にさせられ、制服スカートの上から平手で思いっきり「パシーーーーンッ!!!」とお尻平手打ちされて、その瞬間お尻に鋭い激痛が走り、授業が終わった後でトイレに行ってお尻を見てみたら、お尻に真っ赤な手跡が出来ていた事が高校の3年間で何度もあったと言う話でしたので、その爺さん先生がますます羨ましく思えてしまいました。

久美子さん曰く、私立I女子高に入学した直後に、テニス部の顧問であり古文の教師でもある爺さん先生が部活動で、ブルマ姿の女子部員のお尻を平手で思いっきり引っ叩いた時は、凄くビックリしたけど、その爺さん先生は授業でも部活動でも、女子生徒の突き出されたお尻を間近にしようが、そのお尻を平手で思いっきり叩こうが、常に眉一つ動かす事無く平然としていた為、徐々に見慣れていき、入学して1ヶ月経った頃には、その爺さん先生が女子生徒のお尻を思いっきり平手打ちするシーンを見ても、ごく当たり前の光景のように思えてしまい、おまけに、確かに古文の爺さん先生によるお尻平手打ちは相当な痛さだったけど、他の男性体罰教師たちによる「竹刀」や「木の棒」や「金属バット」等で思いっきりお尻を叩かれる激痛には到底及ばなかったのも事実でしたので、緊迫感でいっぱいだった他の男性体罰教師の授業と違って、いささか気の緩みが出てしまった為、古文の授業では毎回、何人かの女子生徒が忘れ物や遅刻とかをして、その都度、爺さん先生による強烈なお尻平手打ちが炸裂していたと言うのです。

それに久美子さん曰く、陸上部の中年男性顧問から毎日受けていたフルスイングのケツ竹刀が、あまりにも痛くて辛かった為、古文教師でもある爺さん先生がテニス部で日常的に行っていたお尻平手打ち体罰について久美子さんが「あの頃は、あっちの方が遥かにマシな痛さだったから、テニス部の子達が羨ましいと思っていたけど、今にして思えば破廉恥だったと思う」と仰っていたのが、とても印象的でした。

僕の推測ですが、この爺さん先生が女子高生のお尻を平手で思いっきり引っ叩いても常に平然としていたのは、巧みな演技であって、心の中では、ブルマもしくは制服スカートに覆われた女子生徒たちのお尻を品評すると共に、平手打ちする度に女子生徒たちのお尻の感触を味わいながら性的興奮をしていて、女子高生時代の久美子さんがそうだったように、他の男性体罰教師たちによるフルスイングのケツ竹刀&ケツバットの痛さに比べたら遥かにマシという考えは、それこそ、その爺さん先生の思う壺だったと言えそうです。

これは、あくまでも仮定の話ですが、
もしも僕の中学時代の同級生だった真由美さんが昭和40年代前半頃に生まれて尚且つ、私立I女子高に入学していたら、当時の校則の関係によってポニーテールにする事は到底不可能だった為、1位のイラストの女子高生のような三つ網の髪型にしていた可能性が高そうです。
そして、三つ網の髪型にした女子高生時代の真由美さんが私立I女子高でもテニス部に入部していましたら、ピチピチの女子高生時代の真由美さんの体操着&ブルマ姿、特に、完全に女子高生離れした安産型の巨尻にビッチリと張り付いた紺ブルマの艶めかしいヒップライン&紺ブルマにクッキリと浮かび上がったお尻の割れ目、そして、紺ブルマから大きくハミ出た白くて綺麗で柔らかそうで美味しそうな尻肉が、入部初日で顧問の爺さん先生の歪んだ性欲に火をつけてしまったのは確実だったと思われます。
そして顧問の爺さん先生は、部活動で毎日、ミス・声が小さい・ブルマから体操着の裾がハミ出ている・フォームが悪い等の適当な理由を付けては、真由美さんを名指しで呼び出し、その場で前屈みになってお尻を大きく突き出させて、ブルマを穿いているにも関わらずエロさと迫力が溢れる真由美さんの安産型の巨尻を凝視ながら、そのお尻を平手で思いっきり「パシーーーーンッ!!!」と引っ叩きますが、強烈な平手打ちをした瞬間、己の平手が真由美さんのブルマ尻に思いっきりメリ込んで、その都度、手の平に真由美さんのお尻の感触がブルマとパンツ越しにハッキリと感じられた訳ですが、柔らかさ・張り具合・ボリューム感・弾力感のどれを取っても、そこらの女子高生のお尻よりも桁外れに良い真由美さんのお尻の感触に顧問の爺さん先生は、表面上は平然としつつ心の中では密かに大興奮。
しかも皮肉な事に、大きくてイヤらしくて触り心地が良すぎる真由美さんのお尻が顧問の爺さん先生の歪んだ性欲をますます誘発してしまった為、お尻を叩かれる回数が他の女子部員よりも遥かに多くなってしまう羽目になり、それも一日の練習で何十回、時には百回以上も真由美さんへの強烈なお尻平手打ちが行われた為、部活動が終わった後は毎回、真由美さんの豊満かつ清らかなお尻が真っ赤かに腫れ上がってしまい、帰宅してもお尻の腫れと痛みがなかなか治まらず、座る事も仰向けで寝る事も出来ない上、用足しでは洋式便座に座らないよう腰を浮かさなければならず、入浴時には湯船に浸かる事もままならない日々ですが、それでも女子高生時代の真由美さんは他の運動部で行われていた体罰を見て、「ソフトボール部で横行している顧問の年配男性教師による金属バットでのフルスイングのケツバットや、陸上部で横行している顧問の中年男性教師によるフルスイングのケツ竹刀よりは遥かにマシ」等と言い聞かせていたのは間違いなかったでしょう。
やがて顧問の爺さん先生は、女子高生時代の真由美さんのブルマ尻を視姦したり、そのお尻を思いっきり平手打ちして真由美さんのお尻の感触を味わうだけでは物足りなくなってしまい、ある日、部活動が終わって、真由美さんが制服に着替えて帰宅しようとしたら、顧問の爺さん先生に「大谷真由美、話があるから、ついて来い」と体育倉庫に連れ込まれて、外から人が入らないよう扉をロックされ、爺さん先生と二人っきりの密室内で真由美さんは制服姿のまま椅子に縛り付けられた上、制服の上を純白ブラジャーごとたくし上げられ、更に制服スカートも捲くられて、暫らく放置されます。
そして、そんな真由美さんのあられもない姿に大興奮した顧問の爺さん先生は、推定Dカップの豊満かつ形も良くて綺麗な真由美さんの乳房を揉みしだいたり、純白パンツの中に手を突っ込んで、真由美さんの膣を弄るといった性的ワイセツを行い、その日から卒業までの間、女子高生時代の真由美さんは古文の担当でもある顧問の爺さん先生から、部活動では毎日、ブルマの上から強烈なお尻平手打ちをいっぱい浴びせられ、週に何回かは、部活が終わった後に体育倉庫に連れ込まれ、その都度、顧問の爺さん先生の気分次第で、下着姿かパンツ一丁姿か全裸姿のいずれかの姿にさせられ、更に緊縛もされて、乳房を揉まれたり膣を弄られたり、部活動で叩かれ過ぎて真っ赤かに腫れ上がったお尻を撫で回される等の性奴隷にされます。
更にその上、女子高生時代の真由美さんの意思とは関係なく、真由美さんの高校生離れした安産型のエロ過ぎる巨尻が、他の男性体罰教師たちの歪んだ性欲までも刺激していた為、それらの男性教師から頻繁に「そのスカート長くないか?」とか「前髪が眉毛に掛かっているぞ」等と適当な理由を付けられては、制服スカートの上から超強烈なケツ竹刀やケツバットを喰らわされ、
酷い時には「昨日の下校時、ウチの生徒が信号無視をしたという通報があったが、それはお前だな?」等のメチャクチャな言い掛かりで真由美さんを指導室に連れ込んで、「せっかくだから、下着検査および持ち物検査を行う」という口実で、真由美さんの体を制服の上からベタベタと触りまくると、真由美さんに制服を脱がせて下着姿にさせて、更に「下着の下に隠し持っている事も考えられる」という理由で、純白ブラジャーと純白パンツも脱がせて真由美さんを全裸にして、真由美さんのエロくて綺麗な裸体を隅々まで凝視したり、真由美さんの生乳房や生マンコや生尻の感触を存分に味わった後、全裸姿の真由美さんに両手を壁に付けてお尻を大きく突き出す体勢にさせて、竹刀か木の棒、もしくは金属バット等で思いっきりお尻を何十発、時には百発以上も強打するという拷問同然の体罰も度々行われた為、真由美さんのお尻に一生消えない痕が出来てしまった可能性も考えられそうです。(つい妄想を・・・)

思わず下心が丸出しになった上に、話が思いっきり脱線して、更に妄想までしてしまって大変恐縮ですが、今後の作品も楽しみです。
大作!!ありがとうございます。
トモヤさん、ご無沙汰です。
そして・・・・相変わらず、腰と尻のこだわりが素晴らしい。

なんか、私より殿堂入りの解説を丁寧に頂き、恐縮です。
今回のベスト5は私も、納得の選択ですな。

何より、後半のくだり。
いつもの如く「ハレンチ学園」を地でいく様な、体罰ネタ。
おいおい!!と突っ込みたくなる程、前時代的光景ですな。
金属バットって・・・・下手したら腰の骨がいっちまいそうですよ。
性的虐待を通り越し、もはや拷問ですな。
もっと時代が違う様な、中世ヨーロッパですか!!
と言いそうになります。でも・・・エロイ!!

真由美さん、トモヤさんの妄想奴隷ですな。
それにしても想像と妄想の大作・・・圧巻です。
エロのパトスとエネルギーを存分に頂きました。

そのエネルギーで、私も引き続きこのブログ運営を頑張る
所存です!!
事実は漫画よりも奇なり
こんばんは。

>殿堂入りの解説を・・・
光栄なお言葉です。

>「ハレンチ学園」を地でいく様な・・・
「事実は小説よりも奇なり」というコトワザがありますからね。
確かに、久美子さんが通っていた当時の私立I女子高は非常に厳しかったけど、

また、久美子さんの高校時代のクラスメイトだったA子さんの出身中学校の公立T中学校は、教員の大半が暴力教師(いずれも男の先生だったそうです)で、遅刻・忘れ物・服装違反・頭髪違反・廊下を走った等の理由で、女子生徒に対しても躊躇なく、グーで思いっきり顔を殴ったり、髪をつかんで引きずり回したり、足で思いっきりお腹を蹴る等、度を超えた体罰が日常的に行われていた為、A子さんから見れば、私立I女子高のソフトボール部の年配男性顧問による金属バットでのフルスイングのケツバット体罰ですら優しい部類だったそうですので、A子さんが通っていた当時の公立T中学校に比べたら、ハレンチ学園の方が遥かにマシに思えてしまいます。

>金属バットって・・・
80年代までの中学校や私立高校や一部の公立高校では、金属バットで生徒のお尻を思いっきり叩く体罰が少なからずあったという話でしたが、僕が高校1年生だった1991年のある日、とある一般紙の新聞の特別コーナーで取り上げられていた体罰特集に、とても驚かされた投稿内容が掲載されていました。
その内容を投稿されたのは、昭和40年代前半頃の生まれの女性で、投稿者女性は中部地方の私立女子高に通っていたのですが、登校時は毎朝、金属バットを持った生活指導の中年男性教師が校門前で仁王立ちをしていて、1秒でも遅刻したら例外なく、壁に両手をつけてお尻を大きく突き出す姿勢にさせられて、金属バットで思いっきりお尻をスカートの上から叩かれたとの事でした。
その生活指導の中年男性教師はソフトボール部の顧問であり、数学の担当でもあって、部活動ではエラーや送球ミスの度に、その女子部員のお尻を金属バットで思いっきり叩くのは序の口で、気分次第で、女子部員全員を横一列に並ばせてお尻を大きく突き出させて、端から順番に一人ずつ、全員のお尻を金属バットで思いっきり殴打しまくった事も決して珍しくはなかったというのです。
おまけに、その生活指導の中年男性教師は、数学の授業でも金属バットを所持していて、授業に遅刻したり忘れ物をしたり、私語や余所見をしたら、黒板に両手をつけてお尻を大きく突き出す姿勢にさせられて、スカートの上から金属バットでフルスイングのケツバット体罰だったのですが、更に、問題を正確に解けなかったり、授業中に一度も挙手しなかった場合も金属バットでフルスイングのケツバット体罰の対象だった為、クラスの女子生徒全員が金属バットでのフルスイングのケツバット体罰の経験者だったというのです。
そして、投稿者女性が高校2年生の時に一度だけ、2日連続の遅刻をしましたら、「特別指導をしてやる」と生活指導の中年男性教師に指導室に連れて行かれ、机の上にうつ伏せになって、お尻を大きく突き出す姿勢にさせられて、金属バットでお尻を思いっきり1時間以上もスカートの上から叩かれたというので驚きでした。
その時の投稿者女性が金属バットで思いっきりお尻を叩かれた回数は200発以上にも及び、投稿者女性は何度も何度も泣きながら謝りましたが、生活指導の中年男性教師は一切聞く耳は持たず、終始フルスイングのケツバットで、その後、指導室内で6時間以上も正座させられて欠席扱いとされ、後でお尻を見てみたら、お尻がパンパンに腫れ上がっていた上に、酷い内出血によってお尻がドス黒く変色していたという話でしたので、もはや拷問同然です。
しかも投稿者女性の他にも、2日連続で遅刻して、指導室で金属バットでのフルスイングのケツバット体罰を1時間以上も受けた女子生徒が何人も居たそうですので、投稿者女性も含む彼女たちのお尻に一生消えない痕が残っていないかが心配です。

>真由美さん・・・妄想奴隷・・・
言い訳だと言われればそれまでですが、真由美さんは学年一位の美少女で体の発育も良く、特にお尻の発育具合は完全に女子中学生離れしていて、体育の授業とかで数え切れない位に真由美さんのブルマ姿が拝めて、水泳の授業では何度も真由美さんのスク水姿が拝めた上、弾みだったとは言え、真由美さんのお尻をセーラー服のスカートの上から平手で触ってしまったり、風のイタズラによって真由美さんの純白パンツ&大きくハミ出た尻肉を目の当たりにしたり、更には、真由美さんが家庭科の女性教師に平手で思いっきりお尻を引っ叩かれたり、真由美さんが英語の爺さん先生に胸を揉まれたりお尻を撫で回されたり、真由美さんが社会の中年男性教師に木の棒で思いっきりお尻を叩かれるといった光景まで見てしまった為、むしろ、真由美さんを妄想奴隷にするなというのが酷なぐらいかと思います。
トラウマですか・・・いや良い意味で。
トモヤさん
こんばんわ。

確かに「ハレンチ学園」以上ですね。
最早、奴隷収容所かと・・・

ただ、それよりもたかだか30年位で、現代の様な学校事情になるとは、その時は誰も想像出来なかったでしょう。

極端から、極端へ!
その様変わり具合が、よほど身の毛もよだつ出来事に感じます。
今や、生徒を体罰出来ぬ時代。
いずれにしても、どちらをとっても病んでますね。

真由美さんは・・・トモヤさんの性的な成長のトラウマなのですね。
悪い意味でのトラウマではなく、性的な嗜好を助長する一種のきっかけでしたのでしょう。
私もブルマの世代ですが・・・うらやましいですな。
私は、学生時代にあまり女子とは、触れあえなかった物で。
学生時代の女子のブルマの思い出などは、皆無です。

一昔前、会社の同僚が「今考えたらブルマって有りえないですよね。だってパンツと形一緒ですよ!!」と言ってました。
そんな思いでいたあの頃の女子と、もっと仲良くしておけば良かった・・・・。

そして不覚にもその女子社員の言葉に、チョット萌えてしまいました(笑)
あくまでも又聞き
こんばんは。

>最早、強制収容所
1990年に起きた「神戸市の県立高校・女子生徒校門圧死事件」をキッカケに管理教育への批判が本格的に高まった事によって、イギリスの複数の新聞で、神戸の女子生徒校門圧死事件および(主に80年代の)日本全国の中学校や私立高校や一部の公立高校での度を越えた管理教育&体罰が大きく取り上げられた際、それらのイギリス紙には「日本の中学校と高校は、まるで強制収容所のようだ」とか「日本の中学校や高校に比べたら、刑務所の方が遥かにマシ」等と書かれていたという話でした。

>たかだか30年位で、現代の様な学校事情に・・・
何しろ、1985年に岐阜県の二つの高校で立て続けに起きた体罰死事件をキッカケに管理教育への批判が徐々に出始めて、先ほどの校門圧死事件によって管理教育への批判が更に高まって行った上、1995年に起きた福岡県飯塚市の私立女子高の体罰死事件が原因で教師の権限が一気に弱体化して行った訳ですので、かつての暴力教師たちが撒いた種と言えそうです。

>ブルマって・・・パンツと形一緒・・・
それこそがブルマの最大の魅力でしたからね。

>真由美さんは・・・性的な嗜好を・・・
中学3年生だった当時の真由美さんは、単に学年一位の美少女だっただけでなく、大人びた顔立ちだった上、とてもよく似合っていた黒髪ポニーテールが彼女の色気を増幅させていて、おまけに、女子中学生とは思えない位に体の発育が良く、特にお尻のデカさとエロさに至っては、下手な大人の女性よりも上と言っても過言ではなく、性格は明るくて社交的だったけど、豪快で男勝りな一面もあって、まさにクラスのマドンナであると共にクラスの姉御的な存在でもありました。

その為、女子中学生時代の真由美さんは、僕も含めた男子生徒のみならず、男性教員からもエッチな目で見られていたようでしたが、特に酷かったのが、以前にも話した学校一の嫌われ者だった英語の爺さん先生でした。
その英語の爺さん先生が真由美さんに完全に目をつけていたのは、端から見ても明らかで、聞いた話によりますと、真由美さんが中学1年生だった頃から既に、英語の爺さん先生にセーラー服の上から胸やお尻を触られる事が時々あったそうでしたが、
真由美さんが中学2年生になって、乳房とお尻の肉付きが一段と増した事によって、英語の爺さん先生にセーラー服の上から胸やお尻を触られる頻度か高くなり、そして、中学3年生になった真由美さんには、更なる災難が待ち受けていたそうでした。

あくまでも又聞きでしたが、真由美さんが中学3年生になると、英語の爺さん先生は真由美さんの胸やお尻をセーラー服の上から触るだけでは飽き足らず、月に数回ぐらいの割合で、何かと適当な理由を付けて、真由美さんを指導室に連れ込んで、二人っきりの密室内で英語の爺さん先生はその都度、真由美さんに対して、両手を壁につけて股を開いて前屈みになって、お尻を大きく突き出す格好にさせた後、セーラー服のスカートを捲り上げると、更に純白パンツまで下げてお尻丸出しにさせて、完全に剥き出しになった真由美さんの生尻を撫で回してから、真由美さんの豊満かつ清らかな生の美尻を平手で思いっきり100発以上も叩いて泣かせていたという噂でした。

そして、中3の2学期の途中ぐらいから更に、英語の爺さん先生の暴走がエスカレートして、英語の爺さん先生が真由美さんを指導室に連れ込む度、検査を口実に、真由美さんにセーラー服を脱がせて純白ブラジャーも外させて純白パンツまで脱がせると、一糸まとわぬ全裸姿になった真由美さんに対して英語の爺さん先生は、真由美さんの裸体を隅々まで視姦してから、推定Cカップの生の乳房を揉みしだいたり、中学生離れした安産型の大きな生尻を撫で回したりして、更にその後、処女であるかの確認と称して、全裸姿の真由美さんを床に仰向けにさせて股を大きく開かせて、真由美さんのオマンコを指で大きく広げて、膣内を徹底的に視姦したり指で弄ったりした後、真由美さんに全裸のまま両手を壁につけてお尻を大きく突き出す格好にさせてから、手加減一切なしのお尻平手打ち100発以上を行って泣かせていた上、真由美さんの陰毛を何本か毟り取って宝物にしたり、真由美さんが着けていた純白ブラジャーと純白パンツを没収して戦利品にした事まであったらしいという噂でした。
また、ある同級生が放課後に忘れ物を取りに教室へ向かう途中で偶然、指導室から真由美さんと英語の爺さん先生が出てきたのを見掛けたのですが、この時の真由美さんは大粒の涙を流しながら両手で懸命にお尻をスカートの上から押さえていて、すぐ傍にいた英語の爺さん先生が不気味にニヤケていたいう話まであったのです。

又聞きの為、真相は定かではありませんが、
僕自身、英語の爺さん先生が真由美さんに対して、セーラー服の上から乳房を鷲づかみして揉みしだいたり、スカートの上からお尻を満遍なく撫で回している光景を実際に見た事が一度だけあった上、
休み時間に真由美さんが教室にいない時に英語の爺さん先生がやって来て、真由美さんの鞄や机の中を執拗に漁っていた事が度々あって、
更に、英語の爺さん先生が真由美さんを指導室に連れ込む場面も何回か見てしまい、英語の爺さん先生に背中を押されたり腕をつかまれたりしながら指導室に無理やり連れ込まれる際の真由美さんが明らかに怯えていたのも衝撃的でしたので、これらの事を考えると、英語の爺さん先生が放課後の指導室で真由美さんに性的ワイセツや性的折檻を行っていたという噂が全て事実だったとしても決して不思議ではありませんでした。

その英語の爺さん先生ですが、顔はしょぼくれた爺さんでしたが、高齢の割りに背が高くて(推定175cm)相当な筋肉質で、おまけに手が非常に大きく、更に柔道の有段者だった為、通常時では真由美さんの豊満かつ清らかなお尻を守ってくれているスカートも純白パンツも着けていない状態で、老人離れした怪力を持った英語の爺さん先生に大きな平手で思いっきりお尻を引っ叩かれる激痛は相当な物であったのは確実で、もしも噂が本当でしたら、そんな超強烈なお尻平手打ちを100発以上も喰らった事で毎回、真由美さんの神聖なる美尻が無残に腫れ上がってしまった様子が容易に想像できてしまいます。

こちらも以前に話しましたが、真由美さんは本来、県立の共学高校を受験する筈でしたが、何故か急に県立高校の受験を取りやめて、校則が非常に厳しくて体罰も盛んだった私立の女子高(仮に「私立Z女子高」としておきます)への推薦入学に変更したのですが、英語の爺さん先生の陰謀だったともっぱらの噂でした。

これも又聞きでしたが、当時の私立Z女子高に勤務していた大ベテランの年配男性教諭と英語の爺さん先生が古い友人同士で、僕や真由美さんが中学3年の冬頃、英語の爺さん先生が私立Z女子高の年配男性教諭と飲みに行った際、英語の爺さん先生が真由美さんについて色々と話したら、真由美さんに強い興味を抱いた私立Z女子高の年配男性教師が「是非その大谷真由美という生徒をウチの高校に入れてほしい」と頼んだ為、それを了承した英語の爺さん先生が、真由美さんの県立高校の受験を妨害して、私立Z女子高に推薦入学させたらしいという話でした。
あくまでも噂でしたが、いくら推薦入試の為とは言え、自由な校風の県立の共学高校の受験を急きょ取りやめて、わざわざ、中学校よりも遥かに校則が厳しくて、手加減一切なしのお尻叩きやビンタ等の体罰が非常に盛んな事で有名だった私立Z女子高への進学に変更したのは、あまりにも不自然だった事を考えますと、その噂も事実だった可能性も捨て切れませんでした。

果たして、その英語のエロ爺さん先生が今でも生きているかは不明ですが、仮に生きていたとしても、かなり高齢の爺さんになっている訳ですが、もしも英語の爺さん先生が現在も存命だった場合、絵に描いた後期高齢者となった英語の爺さん先生も真由美さんを妄想奴隷にしている上、中3女子時代の真由美さんから没収した純白ブラジャー&純白パンツおよび、同じく中3女子時代の真由美さんから毟り取った数本の陰毛を今でも後生大事にしている気がしてならないです。





Leave a Comment

DUGAで検索

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

MIRAGE
JK中心の清純系緊縛
MIRAGE
隷嬢寫眞館
着衣緊縛と猿轡のこだわり
隷嬢寫眞館
危機に陥った女たち
ストーリ仕立てのDID作品
危機に陥った女たち
不二企画
和の緊縛美
不二企画
シネマジック
緊縛・SMの老舗
シネマジック
GIGA
拘束され陵辱されるヒロイン達
ギガ
TYING ART
美麗なモデルの綺麗な緊縛
TYING ART
制服を捕まえちゃった
制服に特化した着衣緊縛
制服を捕まえちゃった
DUGAでアフィリエイト
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム
DMM緊縛ランク
DID 囚われの危機に陥る女たち(DMM)
DID 囚われの危機に陥る女たち DID(Damsel_in_distress)、囚われ、監禁され、縄や拘束具で身体の自由を奪われる女たち。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ女の姿を、31人収録。後ろ手に縛られ丸見えになる食い込みパンティ。犯罪者に視姦され脅える女。修道女、巫女、王妃、制服、カウガール、スーツ、捜査官、女戦士など様々な設定。着衣緊縛、拘束フェチに捧ぐ、倒錯した背徳作品!
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち(DMM)
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち 囚われ、監禁され、縄や拘束具、股縄で身体の自由を奪われる女たち。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ…。果たしてこの危機から逃れることは出来るのか?!塾講師、ホステス、チアガール、女子校生、●学生、ラ●ライブ、バニーガールなど様々なシチュエーションを用意。後ろ手に縛られた10人の被害者がパンティ食い込ませ逃げ惑う!
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち2(DMM)
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち2 囚われ、監禁され、縄や拘束具で身体の自由を奪われ、恐怖に脅える女たち。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ…。果たしてこの危機から逃れることは出来るのか?!大の字縛り、股縄、手錠、ホグタイなどなど、様々なシチュと縛り、縛る過程なども収録した完全撮り下ろし作品!
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち3(DMM)
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち3 Damsel in Distress。囚われ、監禁され、縄や拘束具で身体の自由を奪われ、恐怖に脅え蠢く女たち。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ…。絶望の淵にたたされたヒロインは、果たしてこの危機から脱出できるのか?!透明テープギャグ、ガムテープ、鼻被せ、ハンドギャグ、股縄、手錠、ホグタイなどなど、様々なシチュと縛り、縛る過程なども収録した完全撮下ろし作品!
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち4(FANZA)
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち4 Damsel in Distress。囚われ、監禁され、縄や拘束具で身体の自由を奪われ、恐怖に脅えうごめく女。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ…。絶体絶命!ヒロピン!縄から逃れようと必死にもがくが、もがけばもがくほど、縄はきしみ肉体を締めつける。うめく事が精一杯のヒロインは、絶望し悲痛な表情を浮かべる。果たしてこの危機から脱出できるのか?!完全撮下ろし作品!
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち5(FANZA)
DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち5 Damsel in Distress。囚われ、監禁され、縄や拘束具で身体の自由を奪われ、恐怖に脅えうごめく女。猿轡を咬まされ、声を出せない状況の中、助けを求め、うめき、もがき、苦しむ…。絶体絶命!ヒロピン!縄から逃れようと必死にもがくが、もがけばもがくほど、縄はきしみ肉体を締めつける。うめく事が精一杯のヒロインは、絶望し悲痛な表情を浮かべる。果たしてこの危機から脱出できるのか?!完全撮下ろし作品!
Gcolle
アダルトデジタルコンテンツDLサイト 充実したボンデージ動画・写真集
アダルト動画
DMM緊縛コミック:発恋エレクトラ
凛とした弓道部の女子部長・棗(なつめ)は、実は拘束フェチだった―彼女から「縛って欲しい」と告白された手芸部男子の織田は!?緊縛ラブ連作『縛ってアイして。』
DMM緊縛コミック:Escape Artist
私は超偉大なエスケープアーティスト。私に抜けられない縄はない…でもある少年との出会いが私を変えた。そして隠された性癖が露わになるにつれて私はより淫靡に、美しく心も体も変えられていく…「Escape Artist 前編」「Escape Artist 後編」のほか、「ゆうれいママは小○生」「こみっくシスター」「運転手は君だ!車掌は僕だ!」「絵日記にかけないこと」「のーぱんたいつ」「ぶるまん娘」「華氏119」の全9話収録!
DMM緊縛コミック:縛姫-シバラレヒメ-
縛られて…。なぶられて…。四聖獣を宿す姫巫女たちは、縛られるほど強くなる!?緊縛成年漫画の第一人者が贈る、衝撃のエクスタシー!阿吽誌上で大人気の連載作品!実家の手伝いでアダルト商材だらけの古書店の店番で、つい売り物のバイブなどに手を出してしまう日々。なぜかその自慰をビデオに盗撮されていた!?常連の男に、その口止め代わりに犯されてしまう。が、どうも様子がおかしく、何かに獲りつかれているようで…「縛姫-シバラレヒメ- Tied:01 白虎の章 前編」「Tied:02 白虎の章 後編」「Tied:03 青龍の章」「Tied:04 朱雀の章 前編」「Tied:05 朱雀の章 後編」「Tied:06:集結の章」「Tied:07 決戦の章」「Tied:08 縛姫の章」「縄士-ANOTHER HINA-」「縛姫-ANOTHER AGANO-」の全10話収録!
DMM緊縛コミック:密室監禁強姦
もう帰れなくなるなんて思いもしなかった。吹雪の山荘に監禁され、アイツの嬲るような快楽で無理矢理調教される。縄が膣内を擦るたびにクリトリスが真っ赤に膨れ上がる。一度は逃げ出すが、あいつの調教に屈服して……。
DLsite.comランキング
2次元のDL作品が圧倒的な品揃え
同人誌:サイレントサターンシリーズ(DLsite.com)
伝説の美少女ヒロイン達の緊縛痴姿。 シリーズ25作品+緊縛CG集3作。DLサイト専売品
ほたちび緊縛CG集3 サイレント・サターンSS VOL.12 サイレント・サターンSS VOL.8
同人誌:ジーパンツァーシリーズ(DLsite.com)
人気タンク&美少女アニメのキャラ達がギチギチに縛られる。 シリーズ1~20 DLサイト専売品
ジーパンツァー20 ジーパンツァー19 ジーパンツァー18
同人誌:セカンド宇宙計画シリーズ(DLsite.com)
一世を風靡した某ロボットアニメの同人誌。 パイロットスーツの少女達が縄に弄ばれる。 シリーズ10作品。DLサイト専売品。
セカンド宇宙計画10 セカンド宇宙計画8 セカンド宇宙計画 7